Shinmax自転車用ヘルメット 特筆すべき2つの機能

こんにちは。
グダグダ妄想日記へようこそ!

管理人のツヨシです。

今回は、「Shinmax自転車用ヘルメット 特筆すべき2つの機能」ということで、

商品レビューになります。

 

今回、オススメする商品は、「 Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメット 」です。

 

前に使っていたヘルメットが、どうもしっくりこないので、「いっそのこと買い替えよう!
と思い、 Amazon で探していました。

 

さすがは天下のAmazon。僕がよく行く大手自転車チェーン店とは、比較にならないほどの種類があります。って、ネットだから当たり前ですが。

 

で、「スゲー!いっぱいあるじゃん!」なんて感激してるときに見つけたのが、
「 Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメット 」です。

 

数ある中から、僕がなぜこちらの商品を選んだのか?
特筆すべき2つの機能と合わせて、僕が感じた魅力を、余すことなくお伝えしてゆきます。

 

梱包品一覧

まずは、梱包品を確認しましょう。
ヘルメット本体の他に、USBケーブル・ヘルメット用巾着袋・バイザー・マニュアルが梱包されています。

画像の商品は、見やすいように配置しています。実際の梱包状態とは異なります。

Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメットの魅力

魅力その1.デザインが最高!

僕がいちばんに魅力を感じたのは、「デザインのカッコ良さ」です。

丸みを帯び、それでいて流れるようなデザイン。

商品画像をひとめ見て、

カッコイイこれ!

と叫んでいました。

 

で、実際にかぶってみると、

丸みを帯びたデザインは、頭部にジャストフィットしました。

「きのこの山」みたいになりません(笑)

尚、サイズは、背面アジャスターで変更できます。

 

魅力その2.コストパフォーマンスが最高

自転車用ヘルメットを実店舗で買おうとすると、安くても4000円台からになります。
しかも、種類も限られているので、欲しいと思う商品になかなか出会えません。

しかし、ネットだったら、種類も豊富で、価格も実店舗よりずっと安く手に入れることができます。

今回僕が購入した「 Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメット 」は、価格はもちろんですが、その機能にも満足する一品でした。

 

Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメットの2つの機能

機能1.取り外し可能なバイザー付き

実際に、バイザーを装着してみました。
これは、メガネの上からでも問題なく使用できます。

構造としては、バイザーとヘルメットにマグネットがついているので、そこで着脱する形になります。あと、バイザーは上下の向きを変えれば、ヘルメットにピッタリ装着します。

 

機能2.LEDライト装備

 

ヘルメット背面には、「LEDライト」が装備されているため、夜間の走行も安心です。

ヘルメット背面には、「LEDライト」が装備されているため、夜間の走行も安心です。

LEDライトの性能はコチラから確認してください。

※フラッシュの点滅ご注意ください

2つの機能のメリットとデメリット

バイザーとLEDライト、2つの機能についてお伝えしましたが、それぞれメリットとデメリットがあります。これは僕が実際に使用して、感じたことになるので、参考になさってください。
それでは順番にお伝えして行きます。

バイザー

メリット
めがねの上からでも使用できる。
マグネット式のため、着脱が容易にできる。
使わないときは反転させれば、ヘルメットに装着できる。

デメリット
着脱に慣れるまで、多少の時間とコツが必要になる。
走行中の操作は危険のため、着脱の際は、その都度停止が必要になる。

 

LEDライト

メリット
とにかくライトが明るく目立つため、夜間の走行も安心安全。

デメリット
スイッチが後部にありわかりづらい。そのため、その度にヘルメットを脱いでから操作をする必要がある。走行中の操作は危険。

 

ざっと挙げるとこんな感じです。
共通点としては、走行中の操作は危険なため行わず、一旦停止してから各々の操作を行うのが安全です。

 

さいごに・・

「 Shinmax LED安全ライト付き自転車ヘルメット 」についての機能性や、僕の目から見たメリット・デメリットをお伝えしました。実際に僕が使ってみて非常に満足しています。

さて、あなたは青空の下、あなたの愛車で海岸線を走ったり山道を走ったり、あるいは街中をのんびりと走ったりしていることでしょう。
そんなときはこの「 Shinmax ヘルメット 」も連れていってあげてください。

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント