ドラえもんのひみつ道具は大人と子供で欲しいものが違う説

 

こんにちは。
グダグダ妄想日記へようこそ!

管理人のツヨシです。

今回は、「ドラえもんのひみつ道具は大人と子供で欲しいものが違う説」というお話しです。

つい最近、ふと思ったことですが、ドラえもんのひみつ道具で何が欲しいかなーと。

子供のころは、「タイムマシン」、「タケコプター」、「どこでもドア」この3つが定番でしたね。

 

で、今考えてみると、タイムマシンやタケコプターは、欲しい道具の中に入っていなかったんですね。子供のころはとても憧れた道具だと思います。しかしながら、今はどうしても欲しいとは思いませんでした。

大人になってだいぶたった今現在は、「暗記パン」「壁紙ハウス」が、「ドラえもんのひみつ道具で欲しいものの中で3本の指に入っています。

 

「暗記パン」は、暗記したいページにパンをのせそのまま「ギュッ」と押さえつけます。すると、パンにそのページがコピーされるので、それを食べることにより、そのページの内容が暗記できる。
という便利な道具なのです。

僕がこの「暗記パン」が欲しいと思うようになったのは、3年程前に資格の勉強をしてまして、テキストを覚えるのに大変な苦労をしたのがきっかけです。

「暗記パンがあればなー」と何度口にしたことかわかりません。
資格は無事に取得できましたが、暗記パンがない以上は、2度とあんな苦労はしたくありません。

 

「壁紙ハウス」というのは、「ドアの描かれた壁紙を壁に貼ると、中に部屋ができる」というものです。
壁紙のドアを開けると中には、6畳くらいの部屋が現れます。他にも部屋の種類はいくつかあったように思います。

で、この「壁紙ハウス」の優れている点ですが、電気水道ガスが完備されているのはもちろんのこと、中から壁紙をはがすことで、外からは、壁紙そのものが消えて見えなくなることです。

つまり外からはただの壁にしか見えないのです。

アパートの家賃もバカにならない昨今、こんな便利な道具があったら・・・。

 

暗記パンにしても、壁紙ハウスにしても、仕事や日常生活を手助けする道具ですよね。そう考えると、夢も希望もなくなっちゃったなーと思う昨今です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【在庫あり/新品】ドラえもん 全45巻セット/藤子・F・不二雄【1000円以上送料無料】

コメント